耳・鼻・喉・声の病気Q&A

2014年3月19日 水曜日

堺市南区エリア在住で中耳炎でお悩みの方へ

小さなお子様が中耳炎を発症しやすい原因は、耳管が未発達な上に短いために最近が侵入しやすいからであると言われており、風邪を引いたときなどは特に中耳炎を発症しやすい傾向にあります。

中耳炎には急性中耳炎と慢性中耳炎などに分けられ、急性中耳炎の場合は、耳が痛くなる、耳鳴りがするなどの自覚症状があり、時には発熱する場合もあります。
慢性中耳炎の場合は、痛みはほとんどありませんが、耳が聞こえにくい、耳だれなどの症状があり、急性中耳炎が三ヶ月以上続いた場合は慢性中耳炎であるといわれています。

当院では、治療の際に鼻吸引を行い中耳炎を予防することが可能です。また、内視鏡の映像を見ながらご説明させていただきますので、どのような治療を行うかわかりやすくご説明申し上げます。

投稿者 沖田耳鼻咽喉科医院

泉ヶ丘の耳・鼻・のどのことなら 沖田耳鼻咽喉科医院 〒590-0116 大阪府堺市南区若松台2丁目2-1 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 072-291-2967 駐車場5台
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒590-0116
大阪府堺市南区若松台2丁目2-1

お問い合わせ 詳しくはこちら