耳・鼻・喉・声の病気Q&A

2014年6月 5日 木曜日

早めの治療が大事な子どものアレルギー性鼻炎

最近では発症の低年齢化が進み子どものアレルギー性鼻炎が多くみられるようになっています。
主な原因はハウスダスト、スギ花粉、ペットなど環境要因によって発症する鼻炎、または遺伝要素で発症するケースがあります。

生命に直接かかわる病気ではありませんが、鼻のかゆみが気になって学校の授業に集中できなかったり、鼻が詰まって夜眠れなくなってしまったり日常生活に支障がでてしまいます。鼻がかゆくて鼻をほじったりして、鼻血を出してしまうこともあります。
アレルギー性鼻炎はくしゃみや鼻水の症状で風邪の初期症状と似ているので見過ごしがちですが、症状を悪化させないためにも早めに耳鼻科で診察されることをおすすめします。

堺市南区にあります当院はキッズスペースを完備しお子さまも安心してご来院できるよう心がけております。

投稿者 沖田耳鼻咽喉科医院

泉ヶ丘の耳・鼻・のどのことなら 沖田耳鼻咽喉科医院 〒590-0116 大阪府堺市南区若松台2丁目2-1 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 072-291-2967 駐車場5台
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒590-0116
大阪府堺市南区若松台2丁目2-1

お問い合わせ 詳しくはこちら